1. <video id="cxsla"><address id="cxsla"><sup id="cxsla"></sup></address></video>
      2. <source id="cxsla"><form id="cxsla"></form></source>
        <rp id="cxsla"><form id="cxsla"></form></rp>
          1. サイアロン製ダイカストスリーブ サイアロン製ダイカストスリーブ

            サイアロン製
            ダイカスト
            スリーブ

            概要

            サイアロン製ダイカストスリーブは、溶湯保溫性?射出安定性に優れるとともに長壽命という特長を有しています。1986年に開発され、その後改良を重ねて今日に至っていますが、近年、自動車メーカー向けを中心として2,000~3,000トン(トン:ダイカストマシンの型締力)用の大型サイズの採用が増加しています。

            自動車は、地球環境の保全と省エネルギー推進の観點から軽量化のため、エンジンブロックをはじめとして各種部品のアルミ化が、アルミ合金鋳物の採用増という形で進んでいます。中でもダイカストで製造されるものが多いのですが、ダイカストは、生産性は高いものの製品內部の鋳巣欠陥や破斷チル層の製品への巻き込みなど、品質面での問題を抱えており、その改善が課題となっています。

            ダイカストの品質問題の改善のためには、金型方案をはじめとする多岐にわたる鋳造條件の最適化が追求されていますが、スリーブ內の溶湯保溫性と射出時の射出速度の安定性に関して従來のダイカストにおいては乗り越えることの難かしい壁がありました。それは、ダイカストスリーブが鋼製であるために、注入された溶湯の熱エネルギーが大量に奪われ、溶湯の溫度、特にスリーブ內壁に接する溶湯の溫度が大きく下がり、凝固層(チル層)が発生し、射出時にチップで破斷されて破斷チル層となって製品內に巻き込まれ、欠陥の原因となること、また、鋼製であるチップとスリーブとの焼き付きを防止するために多量のチップ潤滑剤が使用され、その結果、潤滑剤の燃焼ガスが大量に発生して內部鋳巣の発生につながることです。

            図1:ダイカストスリーブ使用位置

            ダイカストスリーブ使用位置

            以上のことからダイカスト業界では、保溫性に優れ、かつ潤滑剤が少なくても射出安定性が優れるスリーブが求められており、そのため、セラミックスをダイカストスリーブに適用するアイデアがかなり以前(昭和50年頃)からありましたが、実際には、強度、靭性、耐熱性不足のために実用化されていませんでした。そこで、當社は、これらの特性に優れるサイアロンを用い、構造も工夫することによってセラミックス製ダイカストスリーブの実用化に成功しました。

            次にサイアロン製スリーブの構造と機能(効果)について述べます。

            構造

            図2に構造の斷面図を、図3に外観寫真を示します。構造的には円筒形狀であるスリーブを內層と外層の二層に分けて、內層をサイアロンの筒、外層を特殊合金の筒として組立構造としました。內筒のサイアロンには保溫性、耐焼き付き性などスリーブの基本機能を持たせ、外筒の特殊合金には荷重などの外力からサイアロンを保護する役目を擔わせています。內筒と外筒は焼バメにて一體に組み立てます。

            • 図2:サイアロン製スリーブ構造斷面図

              サイアロン製スリーブ構造斷面図
            • 図3:サイアロン製スリーブ外観寫真

              サイアロン製アルミ溶湯部品

            機能(効果)

            従來から使用されている鋼製のダイカストスリーブとの対比でその効果を以下に述べます。

            Sialon Parts for Handling Molten Aluminum

            Thermocouple Protection Tube for Measurement of Aluminum Temperature

            Figure 1: Sialon protection tube-single pieces

            Sialon protection tube-single pieces
            Standard Size(mm)
            Outer Diameter Inner Diameter Length
            11.5 6.5 500
            15 9 800
            22 14 1,100
            28 16 1,100
            32 20 1,100
            34 20 1,900

            Stalk for Low-Pressure Casting Machines

            We offer a line-up of stalks and thermocouple protection tubes, as Sialon parts for lowpressure casting machines.
            Also, we are attempting to create a good seal against air leakage by making use of a composite metal and Sialon structure so as to maintain the required die load and prevent breakage.

            Sizes available
            Outer diameter (mm) : Max 234 dia.
            Length (mm) : Max 1,400

            Figure 2: Stalk

            Stalk

            Immersion Heater Tube for Holding Furnaces

            Especially useful for disposition of Na fluxes. Applicable to such heat sources as gas burners and electric heaters.

            Sizes available
            Outer diameter (mm) : Max 300 dia.
            Length (mm) : Max 1,600

            Figure 3: Heater tube

            Heater tube

            Degassing Rotor for Molten Aluminum

            Sizes available
            Outer diameter (mm) : Max 240 dia
            Length (mm) : Max 1,300

            Figure 4: Degassing Rotor

            Degassing Rotor

            Shot Sleeve for High-Pressure Diecasting Machines

            (1) Reduce Cold Flakes (“Cold Flakes”) :solidified aluminum defect pieces (scattered structure) formed in shot sleeve
            Superior heat-retention. “Possibility of no heating equipment“
            (2) Stable shots and longer life (Especially at High temperature ≧ 700℃ or 1290°F)
            Less deformation, High corrosion resistance, Erosion resistance and Wear resistance. “Possibility of no water cooling channel“
            (3) Energy saving
            Sialon’s superior heat-retention enables lower molten aluminum casting temperature.

            Sialon and Super Sialon

            Hitachi Metals’ Sialon and Super Sialon are ideal for jigs and tools that come into direct contact with molten aluminum on the aluminum melting and casting line.
            Hitachi Metals has developed this heat-resisting, highstrength ceramic material based on its long experience in processing metals, and has used it in molten aluminumhandling parts.

            Features of Sialon and Super Sialon Parts for Handling Molten Aluminum

            Characteristics of Sialon

            Materials Density
            (g/cm3)
            4 point Bending
            strength
            (MPa)
            Young's modules
            (GPa)
            Thermal shock
            resistance (ΔT°C)
            Coefficient of
            thermal expansion
            (×10-6/°C)
            [20~800°C]
            Thermal
            conductivity
            (W/m?k)
            Maximum allowable
            temperature
            (°C)
            Sialon 3.2 750~950 290 710 3.0 17 1,250
            Super Sialon 3.2 800~1050 300 750~1000 3.0 65 1,250

            Sialon and Super Sialon are used primarily for the production of parts that come into contact with molten aluminum.
            The characteristics of Sialon are given below in comparison with those of structural ceramics.

            The data in our report do not constitute any kind of warranty or guarantee.

            お問い合わせはこちら

            個人情報保護方針

            関連リンク

            现在还有不禁的直播app吗,fhd直播app,直播app赚钱软件排行榜